タオル王国ロゴ

アイコン 大阪タオルのはじまり
大阪タオルの起源は明治18年、大阪で舶来雑貨商を営む新井末吉がドイツ製タオルを入手し、日本でも大いに需要が見込めるとして、泉佐野市の白木綿業者、里井圓治郎にその製織の研究を奨めたことにはじまります。
タオルは以前からも国内へ輸入されていましたが、肌触りがよく、保温性・通気性に優れていたことや当時高価であったことから、主に襟巻として用いられていたといいます。里井は、その製織法の研究に没頭し、苦心の末、明治20年に筬「おさ」のテリーモーションを利用して輪奈(パイル)をつくる「打出機」を考案、タオル製織に成功、その製品をカルキで晒したことから我が国初の後晒タオルが誕生しました。これを機に大阪は日本有数のタオル産地の一大拠点として発展し続けています。



大阪タオルのはじまり写真
アイコン 生活情報発信基地として活動する「大阪タオル産地」
 近年の大阪タオル産地は、消費者ニーズの多様化、需要の低迷、輸入品の増大をはじめ、原料高の製品安等、誠に厳しい環境にあります。
 タオル業界が文化生活提案型産業として発展を遂げるには、生活者が真実に求めるものを把握して、企画、開発、生産、販売するというマーケット・インの発想に基づく、クイック・レスポンス体制の確立が緊要であるといわれております。
 このためには、国内における産地情報、流通情報はもとより、海外情報を関西国際空港の開港に伴う立地条件の優位性を活用、資料を収集、分析して提供する情報発信基地として果たす役割がますます大きくなってまいりました。
生活情報発信基地として活動する「大阪タオル産地」写真1
生活情報発信基地として活動する「大阪タオル産地」写真2
アイコン 後晒タオルの特長
●吸水性が高く、使いごこちバツグン
 タオルのつくり方には先晒と後晒の2種類があります。大阪タオルは後者の後晒。後晒の大きな特長は吸水性に優れており、しかも肌ざわりがソフトという点にあります。
●ふんわりとやさしい肌ざわり
 タオルは直接肌に触れるものだから、使い心地のよいものが望ましいですね。
 後晒のタオルは綿の特性をいかし、ふんわりとやさしい肌ざわり。だから、肌の弱い赤ちゃんやお年寄りの方でも安心。
●後晒だからとても清潔
 織り上がったタオルは、後晒の工程で汚れを完全に洗い落とします。
ですから、美しく、滅菌も完全でとっても清潔。
●縮まないのでいつでも快適
 後晒工程はタオルの縮みをなくす効果があります。さらしや水洗いをすることにより、糸のヨリや引っぱりを中和させます。だから、仕上げ後の縮みもほとんど心配ありません。

大阪タオル振興協議会
大阪タオル工業組合
   〒598-0007 大阪府泉佐野市上町1丁目3番1号
(大阪タオル工業組合内)
TEL.072-464-4611 FAX.072-464-9419

ホームページアドレスは次のとおり
http://www.rinku.or.jp/os-towel/

[ タオル | 綿・スフ | ワイヤロープ | 碍子・スポーク・洋傘骨 | 食品加工センター | | ヘアピン ]

HOME Top HOME Home